ボジョレーヌーボーとCALIFORNIA SHOWER(渡辺貞夫)

今日11月16日の午前0時に解禁のボジョレーヌーボー。

一時みたいに熱狂的ではなくなりました。
でも11月の季節の風物詩で楽しみにしてました。

僕は毎年浜松市中区山手町にある「ワインハウス新美(にいみ)」に量り売りのボジョレーヌーボーを予約します。

S__21438470


量り売りとは新美さんがボジョレーヌーボーを樽ごと入荷して瓶詰めにするという人気商品です。

まさにヌーボー!!

予約しないと手に入らない売り切れ御免のボジョレーヌーボーです。
S__21438471


S__21438466


予約しておいて良かった。

店頭には残り20本位。まず今日で売り切れですね。

でボジョレーヌーボー飲む前の儀式があります。

サウナです(≧▽≦)

しっかり汗を流してまずはLOVE BEER!!
これだけは譲れません!

そして待ちに待ったボジョレーヌーボーをグラスに注ぎます。

S__21438474


いやはや奥さん。まずい訳無いす!

今夜は蕎麦焼酎「雲海」は封印して1本空けるにぃ〜!!

で重要なのがBGMです。

いろいろ考えました。

ボジョレーヌーボーには何が合うか?

愛読している読売新聞でこんな記事の特集をしてました。

なんとJAZZと呼ばれるようになって今年は100年の節目の年らしいです。

毎回大物の日本のJAZZプレーヤーの特集記事が掲載。

で、最終回の今日は「渡辺貞夫」でした。

S__21438472


もしかしたら僕がJAZZを好きになったのは渡辺貞夫かも知れない。

カリフォルニア・シャワー
渡辺貞夫
ビクターエンタテインメント
1994-06-25



1978年に資生堂のメンズコロンのCMソングとして使われ大ブレーク!

当時JAZZとROCKの融合、FUSIONが若者の間でも流行ってました。

渡辺貞夫はまさにその代表でかっこよかった!



今日は久しぶりにナベサダのCALIFORNIA SHOWERでボジョレー飲ってます!

S__21438475


まさに当時のナベサダはJAZZのヌーベルバーグでした。懐かしいです。

で、apple musicで渡辺貞夫の今年の新作。

Re-Bop(リバップ)がすごく良い!!

リバップ
渡辺貞夫
ビクターエンタテインメント
2017-10-25



まさに今年84歳の渡辺貞夫がJAZZの原点に回帰してるようなアルバムです。

で最後はSAXだけで「花は咲く」
これはJAZZと言うか素のSAXと言うか。
渡辺貞夫がJAZZプレーヤーである前に日本人であると言うことを思わせる1曲です。

この1曲でボジョレー1本空になります。

最後まで長文読んでくれてありがとうございます。

追伸・・・約束とおり空けやした・・・(≧▽≦)

S__21438479






2017年11月16日Comments(0)My Favorite Things | MUSIC

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.