記事タイトルSouthern Island come again!・・・Vol.4

ここ南国の港町は眠らない街です。


そう!あの沢木耕太郎「深夜特急」の世界です。

しかし沢木さんが旅した70年代とは大きく様変わりしていることがあります。

それは膨張する中国。

BIG CHAINA!

5年前の南国と様変わり。

ここ南国の歓楽街も中国人団体客でごった返してました!

12


日本を離れて見えることってあります。

それは世界何処に行っても中国の台頭です。

南国しかり。

10年前は日本人相手の歓楽街が、今は中国相手。

ホテルのTVはサムソン。

日本にいると分からないもう終わっている「JAPAN AS NO.1」

世界の経済は、中国が席巻していることが肌で感じます。

27

※深夜0時を回っても歓楽街は中国人で埋め尽くされています

07


ただ一昔の日本がそうであったようにそれは団体旅行。

おいらは団体客が来ない歓楽街に。

00


ここは団体客来ないので白人が多い。

16


ショーパブもいまいち元気が無いすね。

安倍さんがアメリカ行ってトランプでババ引いたように中国恐るべしです。

今の中国は一昔の日本のように団体ですが、これがスキルアップして個々の力をつけて行きます。

10年後の世界は様変わりしてると思います。

でもそれも時代の風。

風は旅に出ないと分かりません。

トランプは好きでは無いのですが、トランプが言う「マスコミに左右される世界はどうかなもの」は共感できます。

さて、旅もそろそろ終わりです。

次回はまとめアップですかね。





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.