この国のバンドエイドはあるのでしょうか?「Do They Know It's Christmas?/Band Aid」

今週はCHRISTMAS WEEKだそうです。

イルミネーションはきれいだけれど昔ほどクリスマスの盛り上がりを感じないのは僕だけでしょうか?

今日も海外からきな臭いニュースが入りました。

現時点での世界の人口は73億7千万人。

そんななかクリスマスを楽しんでるのはほんの一握りの人たちです。

僕たちが住んでいる日本もそんな一握り。

トランプ協奏曲で株は上がり円安が進んでいます。
※僕はすでに株価の相場で左右される経済は信じていません

庶民は日々のランチも四苦八苦してます。

我が南国会・会長が嫌いな「杢屋」。
理由は「ラーメン命で蕎麦なんか食べられるか!」
らしいです。

まことに残念ですが、おいらは杢屋毎日通ってますよ!

26


かけ蕎麦大と揚げたて玉ねぎの天ぷら乗せて390円ですよ!奥さん!!

なんで南国会・会長が嫌いな理由が分かりません。
会長は毎日こってりドロドロラーメンが好きです。
ランチには金の糸目をつけないでこってりラーメンとトッピングで1000円ラーメン食べてます。
景気が良いのでしょうね!羨ましい限りです。

そんな南国会・会長のように自分だけに投資するやからで世界経済は行き詰ってます。

今から30年以上も前にアフリカ・エチオピアで餓鬼のため大勢の人々が亡くなるという出来事がありました。

そんな人々を音楽の力で救うというイベント。

当時活躍する一流のミュージシャンが集まったのが「Band Aid」

音楽で人々を救えるというアクションの初めての出来事でした。

今日のMy Favorite Things Christmas songは「Do They Know It's Christmas?/Band Aid」です。

この曲ができたのが1984年と言うから30年以上前になります。

そんなに昔になってしまったんだ。

バンド・エイド(Band Aid)はイギリスとアイルランドのロック/ポップス界のスーパースターが集まって結成されたチャリティー・プロジェクトでした。

It's Christmas time, there's no need to be afraid
クリスマスの日、心配いらないよ

At Christmas time, we let in light and we banish shade
クリスマスの日、明るくして待とうよ

And in our world of plenty we can spread a smile of joy
世界のだれもがみな笑顔でいたい

Throw your arms around the world at Christmas time
争うのはいや、クリスマスだから

But say a prayer, pray for the other ones
手を合わせ、思いを込めて

At Christmas time It's hard, but when you're having fun
クリスマスの日、さあ、君にできるかい




Here's to you, raise a glass for everyone
さあみんな、心ひとつに

Here's to them, underneath that burning sun
さあみんな、遠く届けよう

Do they know it's Christmas time at all?
今年もクリスマスが来る

Feed the world
フィード・ザ・ワールド

Let them know it's Christmas time again
声を上げようクリスマスの日に

Feed the world
フィード・ザ・ワールド


世界中の人々にサンタクロースが来るように!

09


12


ひとつの歌で世界は変えることができることを信じています。





2016年12月21日Comments(2)TrackBack(0)Christmas | Smile&Cry

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ペンキ屋   2016年12月21日 06:51
わたしゃあてっきり傷口に貼るヤツかとおもいましたわ😆その様なバンドがあったなんて知らなかったっす😱まったくサンボーイさんのブログ…お勉強になります👌
2. Posted by sunboy   2016年12月22日 00:32
ペンキ屋さん、いつもコメントありあとやんす!今日の極楽は古橋さん持参の鬼柚子でしたよ!相変らずすいてて柚子湯独り占めでした!(≧▽≦)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.