さよなら「つま恋」・・・・その1

驚きの9月2日。

「つま恋・閉鎖」のニュース。

僕は、つま恋のポップコンで育った世代です。

初めて行った大規模コンサートが、つま恋のEH(エキシビジョン・ホール)のポピュラーコンテストの東海大会。

高校生の時でした。

そのころからポップコンからメジャーな歌手が誕生してました。

中島みゆきもつま恋で出会いました。

それから毎年の様にポップコンに行きました。

夜はコッキーポップ?を聞いていました。

「大石吾郎です」?

懐かしいな!

中学生の頃はまさに拓郎・陽水・泉谷しげるでしたね。

ここで派閥に分かれます。

僕は陽水が好きでした。

でもその頃はビートルズに始まり、洋楽(ロック)に傾倒していきました。

まさに70年代は音楽シーンでは濃密な時代でした。

しかし自分たちでもギターがあれば歌うことができると言うことを認識した時代でした。

ギターひとつで自己主張ができる。

そんな時代の象徴がヤマハのポピュラー音楽祭でした。

当時では「中津川フォークジャンボリー」がありましたが、おいらはまだ子供でした。

日本のフォークの黎明期でした。

そこから「つま恋」の歴史が始まりました。

51


そうです。

僕にとってもつま恋はまさに音楽の聖地でした。

それは僕たちの年代で音楽をしている人は必ず思います。

09


19


58


そんなつま恋主催の最後のイベントのスタッフとして参加することができました。

31


これが最後のつま恋・・

おっと!つま恋は音楽だけではありません。

「森林の湯」と言う僕的にはサイコーのサウナがあります。

10


31


外湯は広い露天風呂、そしてサウナのガラスの向こうにはつま恋の森が広がります。

こんなサウナ、日本を探してもここだけです。

残念ながら初日は内湯(森が見れません)でした。

そして前日会場セッティング終えて、サウスウイングで部屋飲み。

17


明日からエンドレスライブが始まるのでした・・・

TO BE CONTINUES・・・




2016年09月27日Comments(2)TrackBack(0)EVENT | Smile&Cry

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ペンキ屋   2016年09月28日 15:59
最後のイベント頑張ってね〜‼️
2. Posted by sunboy   2016年09月28日 23:19
ペンキ屋さん、はあイベント終わって極楽してやすよ!顔出してくらはいね〜(≧▽≦)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.