アジアの片隅で・・・・2016 in JUNE Disc-1

年に2回の南国旅。

もう何回ブログアップしたことだろうか・・

さすがに今回はブログアップ無しと思っていました。
理由は毎回のマンネリ旅。

しかしそこは亜細亜での南国。

今回はまた特別な旅になりました。

まずは旅の前半です。

前半は親友のサークルで作っている「南国会」。
アジア大好きなメンバーのサークル会長と二人旅でした。

しかしこの会長は名前だけでアジア℃シロートなんすよ。

00




まずは行きのフライト。

満席だったので、カウンターでエマージェンシーシートに変更してもらいました。

これで長旅のフライトも足が伸ばせて快適でした。

どこかのVIPとは違い、いかに安くアジアを楽しむことができるかが南国会の重要な指令です。

僕はタイエアのメール会員特別セールで1月にすでに6月のチケット買ってました。

往復込み込みで32000円。℃安いら!!※キャンセルがききません
理由は雨季でローシーズンと言うこともあります。

浜松-博多の往復新幹線より安いっす!

会長はと言うと5月にチケットゲットしても48000円でした。

これも安かったです。



6時間半のフライト。

ビアシンとワインをがぶがぶ飲みました。

映画は観たかった「42」を見ました。

これは実話でアメリカ大リーグで黒人が始めてプレーする映画でした。

アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンを描いた映画でした。
タイトルの「42」とはロビンソンが付けていた背番号です。
現在アメリカの全ての野球チーム(メジャーはもとより、マイナーリーグ、独立リーグ、アマチュア野球に至るまで)で永久欠番となっている。

差別と偏見は今も現実にあります。
この平和な日本でさえ。

この映画を観た僕はBANGKOKでもどんどん肌の違う人たちに話しかける勇気になりました。

まずはお決まりのBANGKOKに3日滞在です。

初日、空港からエアポートラインと地下鉄を乗り継いでホテルに着いてのが現地時間で夕方5時でした。

宿泊はスクンビットの繁華街のホテル。

まずはサウナで汗を流して、南国会会長初めてと言うバンコクで有名なカニ料理「ソンブーン」へ!









相変らず美味しかったです。

尚、ソンブーン近くの冷やかしで行く予定の「Natalie」は閉鎖されてました。
※分かる人だけの情報です

そして会長、今年はフルマラソンに初参加らしく、南国では毎日朝RUNすることを誓いました。

どうせ酔っぱらって言っているのと思いきや、南国でどんなに遅くまで飲んでも朝6時から毎朝走ってました。





僕が知らない早朝の南国の風景です。

会長には悔しいけど見直しました。

さて、毎年の様に来ているBANGKOK。

もう昼間行くところがありません。

なのでバックパッカーの聖地「カオサン」でのんびりすることにしました。







しかし雨季なのにBANGKOKは晴天で℃暑いっす!

気温はすでに35℃近い。

南国会指令がカオサンでヤムウンセン!(タイ風ビーフンサラダ)



これが℃辛く、ヒーハー言いながら二人でキンキンに冷えたビアシンをうぐうぐ飲るのでした。

その足でチャオプラ川を渡り、目指すはワットアルン!

アルンは暁の意味で三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台ともなりました。
チャオプラヤ川の川沿いにたたずむ姿はバンコクを代表する風景にも数えられている。またワット・アルンは現在の10バーツ硬貨にも描かれている

しかし炎天下でたどり着いたワットアルンは・・続きはあるんですか?

アルンです!

・・・・つづく

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Nojee   2016年06月29日 00:13
ソンブーン、美味しそうだなぁ〜♪
2. Posted by sunboy   2016年06月29日 00:32
Nojeeさん、早速コメントありがとうございます。これは観光客向けで少し値段は高めですが、かなり美味かったです!蟹は浜名湖産どうまんと同じ種類ですね。日本で食べると結構な値段ですね。二人で飲んで食べて3000円でした。
3. Posted by Nojee   2016年06月29日 23:31
観光客向けで高めと言っても安いですね。

タイ、、、仕事で3回、ん?4回、忘れた。行ったら、いつもタイ料理!

どうまん、、、1回しか頂いたことがありません。高根の花ですね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.