SAKURA・・・頑張りました

昨日は小中学校で入学式でしたが、あいにくの雨。

風も強く荒れ模様の天気でした。

一夜明けて桜はどうかと思い、ランチタイム・佐鳴湖ツーリングに行きました。

富塚町の心臓破りの坂道を上がり、佐鳴湖上公園。



ソメイヨシノはまだ頑張ってました。

そして散ったピンクのサクラロード。

美しかったです。

毎回思って、そして書くことがあります。

なんでサクラはこんなにも日本人の心を感動させるのか?

1年365日。

たった一週間華やかに咲き、あっと言う間に散って行く。

それは人生の縮図を見ているよう。



誰しも桜のように美しく咲き誇る時があります。

しかしそれは短く儚い。

人生長いと思っていたが、サクラの様に短く儚いもんです。





風に舞いながら散って行くサクラの花びらはまるで思い出のかけらのよう。

でも散った後、すぐにまぶしいほどの新緑の葉。



人生と同じで永遠につむいでいくことをSAKURAは教えてくれます。



日本人であることに誇りをと感謝!

満開は短いけど、それを繰り返す幸せ。

桜が散ったら一番したいこと!

南国会仲間との飲み会です。


2016年04月08日Comments(0)TrackBack(0)日本 | Smile&Cry

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.