実りの秋・・・「SHE/Elvis Costello」

気がつけばもう10月。

我が家の窓の外からは毎日、秋祭りのお囃子の練習の音が聞こえる。

これから一気に短い秋、長い冬に向かっていきます。

今日も佐鳴湖ランチタイムツーリング16km。



佐鳴湖西岸の棚田は昨日稲刈り。





これから稲穂を干します。

長い間頑張った案山子も一緒。





空き深し 別れた彼女は 今どこに

と言うわけで秋深しの今日のナンバー。

僕が大好きなジュリア・ロバーツの名画

ノッティングヒルの恋人からこれも大好きなElvis Costello 'She'

She may be the face I can't forget
The trace of pleasure or regret
Maybe my treasure or the price I have to pay
She may be the song that summer sings
Maybe the chill that autumn brings
Maybe a hundred different things
Within the measure of a day
彼女は 忘れられない面影
喜び あるいは 後悔の痕跡
彼女は僕の 宝物 あるいは 犠牲
彼女は夏が歌いかける歌
秋がもたらす寒気
たった1日の内に
100の違う姿を見せる

She may be the beauty or the beast
Maybe the famine or the feast
May turn each day into a Heaven or a Hell
She may be the mirror of my dreams
A smile reflected in a stream
She may not be what she may seem
Inside her shell
彼女は美女か それとも野獣か
飢餓か それとも饗宴か
ある一日を 天国にも地獄にも変える
彼女は僕の夢の鏡
水面に映る笑顔
けれど孤独な殻の中にはきっと
見た目とは違う姿を隠している

She who always seems so happy in a crowd
Whose eyes can be so private and so proud
No one's allowed to see them when they cry
She may be the love that cannot hope to last
May come to me from shadows of the past
That I'll remember till the day I die
人混みの中
いつだって幸せそうな彼女
きっとその目は私的で誇り高く
泣く様を見るのは 誰にも許されない
彼女は永遠を望めない愛
過去の影から顔を出し
僕は死ぬまで彼女を忘れない

She
May be the reason I survive
The why and wherefore I'm alive
The one I'll care for through the rough and rainy years
Me I'll take her laughter and her tears
And make them all my souvenirs
For where she goes I've got to be
The meaning of my life is
彼女は僕が生き延びる理由
僕の生き様であり 生き甲斐であり
険しい雨模様の歳月を凌ぎ
思い続けたい相手
僕は彼女の笑い声も
彼女の涙も 受け止めて
記念品として大事に取っておく
彼女の行く所へ 着いていきたい
僕の人生の意味 それは

She, she, she
彼女




実はこれシャンソン歌手のシャルル・アズナヴールの作品だったと知る人は少ないでしょう。

邦題は「忘れじの面影」

現代の「ローマの休日」

ジュリア・ロバーツ・・・いいやね〜大好きっす(≧∇≦)

秋深しですね・・・


2015年10月06日Comments(0)TrackBack(0)MUSIC | Smile&Cry

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.