NAGASAKI 8月9日・・・

今年は終戦70周年の節目の年となるらしい。

昭和生まれの僕は戦争のことはまるで知らない。

でも父と母は子供時代に戦争を体験している。

母は姉を浜松空襲で亡くしています。

子供の頃は、親戚の叔父から南国での戦闘の話を聞かされました。

高校生の時、九州の叔母に「長崎でバイトせんね!」と声をかけられました。

仕事は8月9日の日、長崎での原爆の日に本を売るということでした。

僕は長崎は初めてでした。

暑い夏、多くの人が集まる中、集会のブースで本を売るバイトをしました。

その時初めて「長崎に原子爆弾・投下」を知りました。

あの時の衝撃は今でも忘れません。

それから長崎は数回行きました。

坂道の多い歴史の街に原爆が落ちたとはまるで信じられませんでした。

僕たちは平和な国家に生まれましたが、わずか70年前には悲惨な戦争があったのです。



毎日NHKスペシャルで「戦後70年」の番組が放映されてます。

新聞も連日「戦後70年」の特集。

忘れてもいい。今が平和だから。

でも平和とは何かと考えてみる一週間は大切だと思います。

毎年夏は来ます。




2015年08月08日Comments(0)TrackBack(0)昭和 | 日本

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.