GOOD-BYE LONG VACATION・・・番外編 PATTAYA SAUNA

旅とは帰ることです。

旅が始まった時から最後の目的地はMY HOME TOWNです。

その旅がどんなに楽しくても、また逆にどんなに辛くても帰る場所は我が家です。

その旅が2泊3日でも、2週間、1年でも帰る場所は我が家です。

旅を終えた時、その行程はすべて思い出となります。

その思い出のかけらをひとつひとつジグソーパズルの様に組み合わせて一枚の絵として完成させます。

それが旅なんだと思います。

そんな思い出のかけらを拾ってみたいと思います。

それはSAUNA!サウナです。

日本で当たり前のようにあるスーパー銭湯。

これが海外ではまず皆無と言っていいほどありません。

中国では「日式銭湯」と言って日本の会社がスーパー銭湯を展開しているようです。

韓国の銭湯も日本のスーパー銭湯とは少し違います。

日本のスーパー銭湯は世界に誇れる日本の文化だと思います。

THAILANDにはスーパー銭湯はありません。多分。

BANGKOKで入ったのは韓国式サウナでした。

ましてやPATTAYAにはスーパー銭湯はありません。

まず常夏の国だからサウナで汗を流すと言う発想があまりないです。

しかしPATTAYAには恐るべきサウナがありました!!!

名前がPATTAYA SAUNA!



これが日本のスーパー銭湯とは違います。

まず男女混浴。風呂がありません。サウナとシャワーと水風呂。

しかしこれがサウナ好きにはたまらんサウナでした!!

値段が180BT(約650円)。日本のスーパー銭湯と変わりません。

男女混浴だから男は海パンに着替えます。



無造作に置いてある海パンの中から自分のサイズにあったものを探す。

ロッカーは映画で出てきそうな壊れたロッカー!



南京錠のあるのと無いのがあります。



そして浴場に行くと日本のそれとはぜんぜん違います。



古びたビーチベッドが指定席。

タオルと氷入りの水とスイカは値段に入っています。



しかし何より驚くのがサウナです。



中にサウナ石が入っているのですが・・ど暑い!いやど熱い!

これはサウナーと呼ばれているおいらもうなるほどの熱さ!

100℃は平気で越えています。

日本のスーパー銭湯のサウナは95℃前後。平均6分入っています。

しかしPATTAYA SAUNAは110℃前後。頑張って5分が限界。

そして水風呂です。



これが映画タイタニックでデカプリオが凍えて海の中に沈んでいく位冷たい!!

20秒と入っていられない。

これですよ奥さん!!

これがサウナです。

ど熱くて、水風呂はキンキンに冷たい!

こんなサウナは日本にありまへん!!(≧▽≦)

ちなみに隣のスチームサウナは蒸気が出っぱなしで地獄の様です!(笑)



この熱地獄サウナと、北極水風呂を数回繰り返すと体はリフレッシュして、良い男完成となるわけです。


※sunboyでは無く奴さんです〜(≧▽≦)

さて旅も終わりに近づいた頃、ホテルの近くに美味しい日本の居酒屋があると知りました。

自分的には旅に出た時は日本を忘れているわけだから基本的には日本料理は食べません。

しかしこの居酒屋は美味かったので通ってしましました。





大将が関西人で串揚げは絶品!

ビヤシンもキンキンに冷えていてしかもリーズナブル。

毎回新しい出会いがあるのも旅ならではです。

さてそんな旅のかけらを集めた旅も無事終わりました。

我が家に戻ったのです。そしてすべては思い出に変わりました。

普段と変わらない日常にもどりました。

でも毎日こうやって頑張っているのも、また新たな旅に出るためです。



※まだ削除されてないのでもう一回のアップです



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.