A LONG VACATION・・・2014年 in JUN Vol.4 Gipsy Kings "Volare"

旅に出るとその目的の一番に来るといっていいのが食べることです。

その土地それぞれの食べ物を食べる。
ましてや海外となると日本の食文化とはぜんぜん違う。

ここPATTAYAにも日本レストランやマックやケンタッキー等のファーストフードはあります。
しかし旅に出て日本食やファーストフードを食べる気にはなりません。

やはり旅先のソウルフードを喰らう!!
これが旅の楽しみ方でしょ!

THAILANDの食の基本はパクチーと呼ばれる強烈な香辛料。
そして激辛です。

炒め物にはココナッツ油を使っているため旅の初めはこれで下痢になります。

これをココナッツの洗礼と呼ばれているらしいです。

まずは何と言ってもビヤシン。
シンハービールでTHAILAND版のスーパードライですね。



PATTAYAは雨季でも昼間は35℃くらいになる。
日没後でも28℃位。

なのでビールが旨い。しかし普通にオーダーすると平気でぬるいビールが来る。
ここはタイ語で冷えたビール、ビアシン イェンイェンでオーダー。

もちろん小瓶でラッパ飲みが正式なTHAILAND STYLEです。

これがたまらなく旨い!!

お土産でビアシン買って日本で飲んだがいまいち。
やはり旅先で飲むのが一番なのだ!!

PATTAYAは港町なのでSEA FOODが美味い。

波打ち際のオープンコテージのレストランで夕食。



好きな素材を選んで料理してもらう。
基本的に生はNGなのでバーベキューかボイル、そしてフライド。





フライドした魚。



熱々をパクチー辛口醤油で頂く。
ビアシンが進む。

海老や魚、飲んで食べて一人1500円くらい。

ランチは地元のレストランです。

安くて美味し。


これがタイカレー。
日本のカレーと違いルーが少なく具が多い。
きっちり3辛でヒーハー!で美味し。
ポークカリーで210円くらい。

歓楽街で飲みすぎた時はタイ風おじや。
スープライス。
具沢山で180円。



そして何と言ってもタイ人はラーメンが大好き!!
日本のラーメンとは違います。

グゥィティアオと呼ばれる米の麺。
そして小麦の麺のバーミ。


魚系の出汁スープに魚のすり身、もやし、パクチーがたっぷり入り80円くらい。
これがど美味い。
夜の歓楽街で楽しんだ後も〆はいつもこれでした。

日本でもおなじみのグリーンカリー。


デパ地下のフードコートで210円。

パイナップルライスも230円くらい。



忘れてはいけない。
トムヤムクン。
クンとはタイ語で海老のこと。



町のレストランだと300円くらいで食べれます。
ど辛くて美味し。
ビアシンが進みます。

今回の旅で一番にあげるのが鳥の炭火焼「ガイヤーン」



タイの鶏は身がしまっていて絶品!!



鳥の半身で450円。
テイクアウトしてホテルで部屋飲みしました。



いやはや水代わりに飲んでいたビアシンと美味しいTHAILAND FOODで帰国したら体重が1kgアップしてますた(≧▽≦)




2014年07月09日Comments(0)TrackBack(0)Asia | MUSIC

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.