A LONG VACATION・・・2014年 in JUN Vol.3 南佳孝「プールサイド」

南国の一日は長い。

まず日本と時差が2時間あるから朝8時に起きても実は日本で午前10時。
夜更かしの僕でも充分起きれます。

日本では朝食を食べない僕ですが南国では違います。

ホテルのオープン・コテージで食べる朝食は格別です。

相方のドラドラくんはガッツリで卵料理はスクランブルエッグです。



ムラムラくんの僕はサラダとミルク&フレッシュジュース。
卵料理はsunnyside up(目玉焼き)。



たまにオムレットをオーダーします。



足元にはハムをねだるにゃんこ。



ドラドラくんに「今日はプールサイドでのんびりしますか!」
が朝の挨拶。

僕たちが宿泊しているホテルはビーチの繁華街から少し離れた場所です。

アジア系の団体客はまずいません。
日本人観光客もまず会いません。

多くの宿泊客は長期休暇のヨーロッパ人、特にロシア系が多いホテルです。

郊外だから静かでなんと言ってもプールが素晴らしい。

僕はこのプールで泳ぐためにこのホテルに宿泊している。



雨季とは言え晴れれば35℃近くになる。

午前10時ごろからプールサイドのベッドで読書。



乾季のピークシーズンならビーチベッドの取り合いだが今は大丈夫。





もちろん観光地はたくさんあるのだか、僕はこのプールサイドでのんびりするのが一番大好きだ。





暑くなったらPOOL BARで冷えたビアシン(ビール)を飲めばいい。



時が流れが遅い。

時間がゆっくり過ぎていく。

そんな時間を楽しむために僕はこの地に来ている。



じっくりプールサイドで充電したら夜の歓楽街に消えていくのである。


南佳孝/プールサイド

きれいだよ その水着 濡れると色が変わるね
トカゲ色みたい 光をはじいて
きれいだね きみのからだも黄昏に染まってる
ただ見とれてるよ しばらく息をとめて

泳いでるきみ 幻のよう
プールは小さな宇宙
熱い視線に気づいたのか きみはピッチをあげる

私なら誰のものにも なりませんからねと
ただひとことだけ すげなく釘をさしたね

泳いでるきみ 幻のよう
プールは青いスクリーン
熱い視線に気づいたのか ふいに大きくターン

ここへ来て 濡れたからだを タオルでつつみなよ
そのはずむ肌を すぐにも抱きあげたい

泳いでるきみ 幻のよう
プールは青いスクリーン
熱い視線に気づいたのか ふいに大きくターン

泳いでるきみ 幻のよう
プールは小さな宇宙
熱い視線に気づいたのか きみはピッチをあげる 





2014年07月07日Comments(0)TrackBack(0)Asia | MUSIC

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.