さようなら・・大滝詠一

突然の訃報が飛び込んできたのは昨年の大晦日も迫った慌しい12月30日のことです。

あまりに突然。

僕にとって大滝詠一は偉大すぎて。

やっと心の整理がつき、今お別れのブログあっぷしています。

はじめて大滝詠一と出会ったのは「はっぴいえんど」です。



今でさえ普通にJ−ROCKなんて言う言葉が普通に使われいます。

でももしかしたら日本語で歌った日本のROCKのさきがけではないでしょうか。

伝説のバンドです。

メンバーも伝説のメンバー。

細野晴臣・大瀧詠一・松本隆・鈴木茂。

なかでも代表曲「風をあつめて」は多くのミュージシャンに影響を与えたと言われています。




僕が始めて買った大滝詠一のLPレコードは「NIAGARA MOON 」※1975年発売



今でも大切に倉庫の奥に眠っています。

当時はまだ思春期の僕。もちろん洋楽にかぶれていました。

そんな中で泥臭いROCK。この時、大滝詠一に出会いました。
ジャケットがPOPな感じが新鮮でした。

そしてなんといっても1981年に発売された日本ROCKの名盤中の名盤。

それが『A LONG VACATION』でした。



これは今でも僕の部屋の本棚の大切なアートとして飾られています。



永井博によるジャケットも秀逸です。当時LPレコードのジャケットはアートとしても楽しめました。

何よりその分厚い大滝サウンドです。

「心地よいエコーサウンドは機械的に作られたものではなく、これを作り出すために、ギター5人、ピアノ5人、パーカッション5人。
それらがせ〜のでレコーディングしていた・・杉真理」


また大滝詠一の音楽造形は果てしなく深く、僕の大好きなクレージー・キャッツを深く愛していたことでも知られています。

彼がプロデュースした植木等の「スーダラ伝説」は今でも色褪せません。

今やっと心の整理がついて彼の死を受け止めています。

今、心ときめく音楽が少ない。

海外に旅をしても、流れる音楽はどれも同じに聞こえてくる。
もちろんサウンドはかっこいいのだが、心にアプローチしてくる何かが足りない。

日本の音楽も同じだ。

今となっては70年・80年と駆け抜けたあの頃の音楽がまるで宝石のようだ。

その中心にいたのがまさに「大滝詠一」だった。

この音楽的損失は非常に大きい。

心からご冥福をお祈りします。
そしてこれからも変わらず僕の音楽史の真ん中にあなたはいます。

そして最後に選んだ曲はこれでした。

大滝詠一 - 幸せな結末

髪をほどいた 君の仕草が
泣いているようで 胸で騒ぐよ
振り返るのは 終わりにしよう
他の誰でもなく 今夜君は僕のもの

さみしい気持ち 隠して微笑う
強がる君から 目が離せない
昨日じゃなくて 明日じゃなくて
帰したくないから 今夜君は僕のもの

踊り出す街に 二人の今を
探し続けて はしゃいだあの日
さよなら言うよ 虚ろな恋に
いつまでも離さない 今夜君は僕のもの

走り出す街で 二人の明日
夢に描いて 見つけた夜明け

あふれる思い 押えきれない
幸せな結末 きっと見つける
今なら言える 素直になれる
いつまでも 愛してる
今夜君は僕のもの
今夜君は僕のもの
今夜君は僕のもの

Baby you're mine
Baby you're mine
Baby you're mine
Baby you're mine




2014年01月15日Comments(0)TrackBack(0)天国への扉 | 昭和

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.