サイレントイブ/辛島美登里

クリスマスまでもう少し。

何故かカレーが食べたくなる僕でした。

今日は浜松市中区佐鳴台にある「肉のくわばら」のカツカレー弁当がランチでした。


精肉店のとんかつは大きくて柔らかい。
お味噌汁が付いて398円です。

今日の天気予報は全国各地で今年最低の気温となる地方が多いとか。

昼休み、自転車で佐鳴湖に入りました。

確かに寒いですが風が無いので昨日に比べると快適にツーリングできました。



昨日Iさんに教えてもらった佐鳴湖で富士山が見えるポイントへ。



今日は見えるかな?



遠くにかすむ富士山が見れました。

そして佐鳴湖を出て龍雲時へ。


大晦日まで後11日。
工事が間に合うのか不安になってきます。

そのまま友人のお店「ヘアークラフト」に行きました。



美味しいコーヒーを頂きました。

何とマスターは何と!iPad miniを購入していました。

一日が終わるのが早い。



冬は空気が乾燥しているので夕日もきれいです。
星空も、冬の方がきれいに見えると言われています。

週末は雨が降り、その後一段と寒くなるそうです。

今年のChristmasは寒くなりそうですね。


そしてもうすぐクリスマスイブ。

ずっと洋楽のChristmas songをアップしてきました。

でも今日だけは日本のChristmas songをアップします。

街はクリスマス一色です。

毎年、きそってイルミネーションが華やかになっていく。

もちろんそれは綺麗ですてきです。

でも本当のクリスマスってそんなにきらびやかで華やかだったでしょうか?

思い出してみよう。あの頃を。

昔の話になります。

昭和のクリスマスは質素でライトアップもありません。
街は暗く寒く。

でも家は少し暖かで・・そう・・ひとつのキャンドルの様に・・

ろうそく


親父が枕元に置いてくれた安いプレゼントに泣き笑いしました。

枕もとの、ゴムの伸びた靴下に、小さなゼンマイのロボットが入っていた。

本当にサンタクロースがいると思っていた子供時代。

いつからだろうか?サンタクロースがおやじだったと気が付いたのは。


僕は、クリスマスが大好きだ。
そしてそんな大好きなクリスマスに流す曲は・・数曲あればいい・・。

そんな大好きなクリスマスソング・・

「サイレント・イブ」
作詞・作曲 辛島美登里

真白な粉雪 人は立ち止まり
心が求める場所を 思いだすの
いくつもの愛を 重ねても 引きよせても
なぜ 大事な夜に あなたはいないの

さよならを決めたことは
けっしてあなたのためじゃない
不安に揺れる キャンドル
悲しかったから
“ともだち”っていうルールは
とても難しいゲームね
もう二度と 二人のことを
邪魔したりしない

本当は 誰れもが やさしくなりたい
それでも 天使に 人はなれないから
眼をそらさずに 想い出はうるむけれど
移りゆく季節が ページをめるくわ

さよならを決めたことは
けっしてあなたのせいじゃない
飾った花もカードもみんな
Merry Christmas for Me
“ともだち”って微笑むより
今は一人で泣かせてね
もう一度 私の夢をつかむまで
Silent Night

もう一度 私の夢をつかむまで
Silent Night




この曲は、クリスマスの京都駅で流れていました・・。
10年以上も前のクリスマスの夜です・・

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.