SUMMER EMOTIONS Vol.7「Thailand Food」

トランクに帰り支度を整え、レイトアウトのチェックアウトを済ませたのが18時。

タクシーのピックアップが20時。

フライトは24時だ。

タクシーお迎えまでの2時間はThailandの最後の夕食を。

屋台でカイヤーンと呼ばれる鶏の炭火焼とグゥィティアオと呼ばれる米の麺のラーメンをビアシンをがぶ飲みしてナイトフライトはしっかり寝て帰国する計画です。

旅とは、もしかしたらその土地の食べ物を食べることが一番幸せの時かもしれない。

旅の締めくくりはPattayaで食べた写真をアップします。

まずはホテルのブレックファースト。

これは本当に美味しかった。

日本のホテルは何かと夕食に重きを置きますがPattayaでは夕食はまずホテルで取らなから朝食に重きを置いています。

しかも多国籍なので卵料理も客のオーダーに合わせて調理するスタイルでコックも大忙し。これがピークシーズンだと行列ができます。

Pattaya food


ランチは近くレストランか屋台で100円位で食べれます。

今回僕は一般家庭の家に遊びに行きましたが、キッチンが無いのです。

Thailandの庶民は基本的に外食、しかも屋台とかで格安の昼食・夕食を食べるのです。

近くの食堂でスープライス。ポークとチキンがあり、辛くしないでとオーダーすれば毎日の辛さに驚いている胃に優しいランチです。

Pattaya food2



これがしみじみ美味かったなぁ〜。

野菜と肉もたっぷりで撮ってもヘルシー。120円でした。

Pattaya food4


とにかく暑いので水代わりにビアシンになります。

デパートやスーパーに行けば地下にフードコートがあり、ここもいろんな食べ物が100円から200円で食べれます。

Pattaya food8

これはセントラルデパートの地下にあるフードコートで、チキンの煮込みとフライドライスで80円でした。安っ!

タイの料理は辛いのでノンスパイシーと言わないと撃沈します。

やはり夜はタイ料理を食べたい。

Pattaya food5

牡蠣と野菜たっぷりの炒め物。

Pattaya food6

ピリ辛空芯菜炒めもの。これが旨い。ビールが進む!

Pattaya food7

トーマンクン(エビすり身はんぺん)はタイの代表的料理だ。

クンは海老という意味で、あのトムヤムクンはタイ風エビスープとなるわけです。

Pattaya food9

ボイルした鶏肉たっぷりのタイ風チキンライス。屋台で60円で食べれます。

Pattaya food10

Pattayaは港町なので海鮮料理が美味しくて安い。
カニ・海老・イカの炭火焼バーベキュー。
タイ風ピリ辛醤油で頂きます。

さて何と言ってもThailandのみんなが大好きでいつも満席になるレストラン「MK」。
そうタイスキと呼ばれタイ風のしゃぶしゃぶです。

野菜から海鮮、肉、麺、すり身・麺・・何んでも鍋に入れて青唐辛子たれで食べる代表的な料理です。

Pattaya food11


Pattaya food13


これが安くて旨い。

出汁が入った鍋に野菜を投入。後は海老・カニ・イカ・肉・とどんどん投入して熱々をヒーハーヒーハー言って食べる絶品の鍋料理です。

Pattaya food14

青唐辛子とニンニク、それと酢味噌を混ぜて食べます。
僕は初回、青唐辛子をネギと間違えて撃沈したことがあります。

スープも具から出る出汁で美味しい。
最後はご飯を入れてとき卵で雑炊にしたいくらいでした。

Pattaya food15

そして・・完食。

いやはやタイスキ恐るべし。飲んで食べて1000円。

話は初めに戻ります。

チェックアウトした僕は歩いて近くの屋台へ。
これもThailandのソウルフード、屋台でカイヤーンと呼ばれる鶏の炭火焼とグゥィティアオと呼ばれる米の麺のラーメンを食べることにしました。

Pattaya food16


Pattaya food17


ビールは近くのコンビニで買います。

グゥィティアオはしみじみ旨い。

Pattaya food18


もう旅も終りなんだ。僕の街を襲った台風4号の事はすかり忘れて今は旅の終わりの感傷にしたっています。

旅は自分の家に帰ることなんだな〜。

すこし千鳥足でホテルに帰るとすでにタクシーが待っていた。

僕はどすんとタクシーに乗り込み、空港までの途中でトイレ休憩を取ってほしいとドライバーに告げた後、遠ざかるPattayaのネオンには目もくれず、心はすでに日本にいたのでした。
夜はまたスコールか・・。

酔いが回ったのか、浅い眠りに落ちていきました。

さようならPattaya・・

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.