SUMMER EMOTIONS Vol.2「HOTEL」

僕はいつも旅行ではなく、旅と呼んでいる。

それは決められたスケジュールで行動するのではなく、まずエアチケットとホテルを予約して、後は現地に行ってから自分のスケジュールを決める。

何故なら、僕はいつもスケジュールボードに追われ、毎日が決まったように送っているのです。
もちろん、スケジュールが白紙の時が多々あります。

しかし、1年に数回はホワイトボードに書かれたスケジュールをすべて消して、気の向くままの旅に出る。
これがたまらなく楽しいのです。

とは言っても、その旅のステーションになるホテルは大切です。

PattayaはThailandでもバンコクとは違い海に面した観光地で世界カ国からの長期滞在型リゾートです。

海辺に面したビーチロードと呼ばれるエリアは5☆クラスのホテルが多く建ち並びます。

僕が宿泊に選んだホテルは、そんな繁華街から少し離れた場所に位置します。

なので夜は静かで、何といっても森林の中のホテルと言った趣です。
Green Park


Green Park2


とは言え、ビーチロードまで歩いて10分程の距離。

3☆クラスですがとても気に入っているホテルです。


スタンダードルームの部屋はこんな感じ。
Green Park7


窓を開けると緑の木々の間からプールが見えます。
Green Park11


そして多くの鳥やリスが普通に見れます。
Green Park5


敷地も大きく、スタンダード・スーペリア・デラックス・スウィートとランクされています。

僕が宿泊したスタンダードルームは、オフシーズンで3700円※1泊とかなりリーズナブルです。

Green Park6


ホテル敷地内を散策するだけで癒される感じです。

コテージもオフシーズンはスタンダードと同じ金額で宿泊できます。
Green Park4


朝食は緑の中のコテージで食べることができます。
Green Park3


ピークシーズンではまずコテージでは食べれません。
席の取り合いになります。

このホテルの朝食が大変美味しく、コックさんがその場で卵料理を作ってくれます。※ピークシーズンには行列になります

オムレツやスクランブルエッグ、目玉焼き等。

僕はいつもサニーサイド(目玉焼き)二つを焼いてもらいます。
Green Park13


焼きたてのパンに、サラダとハムと目玉焼きを乗せて食べます。
これが美味い。
Green Park12


朝食後散歩がてらにホテル敷地内を散策します。
この時、プールサイドのビートベッドに本やタオルを置きます。
つまり席の予約です。
ピークシーズンでは朝7時前にビーチベッドにマーキングしないと自分のエリアは確保できません。
しかし今は朝食を食べてゆっくりと自分のビーチベッドを確保できます。
Green Park8


Green Park9


時差が日本と2時間あります。
8時に朝食しても体はまだ日本の感覚なのでとてもゆっくりと時間が流れていきます。

さて今日は何をしようか・・・。

まだ心のホワイトボードは真っ白です。

今日は何にもしないでプールサイドで本でも読もうか・・。

何もしない・・。
こんな贅沢ができるのも旅ならです。

Green Park10


しかしプールサイドで本を読んでいる頃、わがHome Townは台風で大変なことになっていたらしい・・・・To be continued

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.