青い瞳のステラ, 1962年夏・・・柳ジョージ

その訃報を聞いたのは今朝、明日のイベントのための荷造りをしていた時だった。

柳ジョージ。享年63歳。

これは少しショックだった。

少なからず彼は僕の人生の影響を与えていた。

彼のしゃがれ声とギターはどこか日本人離れしていて、そしてまた逆に演歌の様に心に響いた。

柳ジョージ&レイニーウッドのレコードはすり減るくらい聞いた。

ギターが泣いていると感じたのは柳ジョージからだった。
ブルースを知ったのも柳ジョージからだった。

今日高速を東に走りながら、柳ジョージ&レイニーウッドを久しぶりに聞いた。

「さらばミシシッピー」
「雨に泣いている」

僕が上京している時に聞いた名曲ばかり。
日本人のブルースを持ちながらアメリカの匂いも感じさせる。

もうこんなミュージシャンは出ないだろう。

青い瞳のステラ, 1962年夏・・・柳ジョージ

青い瞳のステラ, 1962年夏


旅先のビジネスホテルからのアップです。

僕が柳ジョージの数ある名曲の中で一番好きな曲が

「青い瞳のステラ, 1962年夏・・・柳ジョージ」
僕が棺おけに持っていきたい曲のひとつであることは間違いない。

いつからだろうか・・。日本から本物の音楽が消えていった。

最近心ときめく音楽が無いのは寂しいばかり。

過去を懐かしんでいるのではない。
僕たちは今大切なものをなくしているのだということを感じる。

柳ジョージは僕たち日本人が誇れる稀代のミュージシャンだった。
あらためてそう感じる。

ありがとう柳ジョージ!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 若年寄   2011年12月06日 22:00
お邪魔します。
柳ジョージ&レイニーウッド 伝説の解散コンサート完全版が出ます。
是非Get!
http://www.vividsound.co.jp/item_show.php?lid=4540399038667
http://www.clinck.co.jp/merurido/dtl.php?ky=VSCD3866-67
http://www.amazon.co.jp/LAST-TUNE-~%E3%80%8ELIVE-AT-BUDOKAN%E3%80%8F%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%9B%A4~/dp/B0064IUY2Q/ref=pd_rhf_ee_p_t_1

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.