Odyssey to the south・・・I spent the one day

旅と言うと、観光ブックを片手に名所・名跡を訪ねたり、ガイド本に乗っているグルメツアーを思い浮かべる。

それは時間刻みで旅のスケジュールが決まっている。

僕はそれを旅とは呼ばない。

ツアーであり旅行だ。

旅とはフリーであり朝起きてその日の事を考える。

それが本当の旅なのだ。

僕たちは日常時間に縛られて1日を送っている。

旅はまさに時間・スケジュールからの解放だと思うのです。

そんなsunboyの旅の1日です。

AM8:00 朝起きてコテージで朝食を取ります。
この時期はオフシーズンなのでプールサイドの席取りする必要無い。

このホテルのBreakfastの人気はオムレツです。
Omelette・・発音はオムレットです。
しかしボリューム満点なので、僕は基本的に目玉焼きをオーダーします。

初日「sunny-side up eggs」とオーダーするとオムレツの中にベーコンが入っていました。
僕の英語力もそんなもの。
ここは肩ひじ張らず指差し会話で行きましょう。

Pattaya oneday


しかしこのホテルの朝食は美味しい。
僕は普段朝食は食べないのだが、旅に出るとがっつり頂いてしまう。

AM9:30 地元のマッサージへ。
サウナの師匠はリハビリで2時間コースだが、僕は1時間。約280円。
Pattaya oneday-2

AM11:00 ホテルプール。陽射しが痛い。
Pattaya oneday-3


PM0:00 地元のレストランで昼食。
バイクに乗らない日はビヤシン。

Pattaya oneday-4


Pattaya oneday-5


この日は飲んでしまったのでウォーキングでビーチへ。
Pattaya oneday-6


ビーチロードでいつもの100%オレンジジュース50円。
オレンジジュース


PM2:00 再びホテルのプールサイド。
この日はプールバーでビアシンを頂く。

Pattaya oneday-7


PM5:00 行きつけのサウナへ。
Pattaya oneday-8


すでに常連なので顔パスでお願いします。
ここのサウナはストリート沿いで顔見知りがたくさんできる。
これも旅の楽しみだ。

PM8:00 夕食&歓楽街へ。
ここでたくさんのLOVE BEER。
基本的にこの国はBEERオンリー。生ビールも無い。

Pattaya oneday-9


この日はビーチサイドのコテージで地元のバンドのライブを聞きながらLOVE BEER。
毎日数多くのライブがストリートで聞ける。
客も好きな音楽をチョイスできる。
しかもバンドのレベルがかなり高い。
そして基本的に無料。そこでドリンクをオーダーするかだ。
ビール100円で心地よい音楽を聞きながらゆっくりできる。
Pattaya oneday-10


この日は80年代のロックサウンドでLOVE BEERしました。

AM1:00 いつもの様に屋台で〆の米で作った麺「グゥィティアオ」。
Pattaya oneday-11


こんな毎日でした。

しかしそんな旅にも終りがあります・・・。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.