浜松は出世城なり初松魚(はつがつお)

今日は春の陽気を思わせるほど暖かかった。

浜松市元城町にある信用金庫本店に行くのだが、あまりにも暖かいので車はやめて愛車・スペシャ(自転車)で向かう事にしました。

昼過ぎの事です。

自社から多分5km位。
坂あり谷ありを爽快に走り銀行へ。

仕事を済ませ帰り道を見るとそこには浜松城が見えます。

ここは僕が生まれ育った町です。

自転車なので何十年ぶりに浜松城に行きました。

浜松城


徳川家康もここから出世していきました。

浜松生まれの幕末の俳人で名をはせた松島十湖の代表作
「浜松は出世城なり初松魚(はつがつお)」


僕はこの俳句で賭けをして負けた思いがあります。

だってそうでしょ。この俳句、若い僕には意味不明だったのです。

浜松は出世城なり・・までは分かります。
なんで初松魚(はつがつお)がここに来るの?

そんな俳句は無いと思い賭けに乗ったのですが、史実を調べるとやはりありました。
浜松市のHPからも出てきます。
いまだに、初松魚(はつがつお)が来るのか分かりませんが、有名な俳句らしいです。

浜松市に住んでいて、浜松城に来るのは数十年ぶりだったのです。
久しぶりに来るとその風景は素晴らしいです。

浜松城-2

若き日の徳川家康公の前で一枚。
ここは、春の桜の花見の特等席です。

浜松城-3

階段があるので自転車を担いで登ります。

おお青空に映える「浜松城」。
ここから徳川家康公の出世物語は始まっていたのだ。

武田信玄との三方が原の合戦はあまりにも有名。

浜松城-4


ここまで来たのだから浜松城に入城しました。
料金は150円。

本当に何十年ぶり。

浜松城-5


平日の昼間なのに訪れる人が多いです。
昔はこの浜松城の隣に動物園がありました。※今は移転して浜松市西区舘山寺町にあります

浜松城-6

城内には歴史ある甲冑など展示してあります。これも昔のまま。

僕が育った亀山町は浜松城からすぐ近く。
子供のころはここは遊びのエリアでした。
懐かしい・・。

天守閣に登ると僕が育ったアパートが見えます。
浜松城-7


時が止まったかのようにあの頃と変わりません。

浜松城-8


歴史の流れにくらべて僕がこの街で過ごした時などはほんの一瞬の事なのですね。

歴史を変えた「三方が原の合戦」絵巻が浜松城地下にありました。
暗くて見えないのですが、フラッシュ撮影すると迫力があります。

浜松城-9


今日は自転車で来たからこそ、ふらりと寄れた風景です。

帰り道は子供の頃の街を走りました。

子供のころは大きいと思っていた亀山神社も今見れば本当に小さい。

亀山神社


通っていた広沢小学校。
当時は浜松市一番のマンモス校と言われてました。※マンモス=大きな
広沢小学校


帰りがけに、美味しいパン屋さんに寄って行きました。
CROUTE


もう春と呼んでもいいくらいの陽気。
自転車と言うタイムマシンに乗り、あの頃を旅しました。



2011年02月23日Comments(0)TrackBack(0)日本 | 昭和

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.