人生(EVENT)は『花火』浅野"ブッチャー"祥之

僕は夏が好きだ。
猛暑日も熱帯夜も・・好きです。
汗を流して、乾いた喉を潤すために水分補給して。
きつい!苦しいと思いながら過ごす毎日が大好きです。

さわやかな5月から梅雨の季節になり、梅雨明けで本格的な夏。
でも四季の中で、夏は本当に短い。
9月にはもうビールでは「秋味」が出る。

そして夏のイベント。

灼熱の太陽の下、多くのイベントが開催される。

こんなに暑くてきついのに、一年で一番エネルギーにあふれている。
夏


人生にたとえると、夏は一生の中で厳しいけれど一番躍動的な季節なのだと思います。

イベントもこの時期、一年の中で最も忙しくなる季節です。
不景気で例年ほどではないけれど、イベント会社は忙しく過ごしているのです。

世の景気を知るには、夏のイベントを見れば分かります。



夏2


多くの夏祭り(イベント)が開催されます。企業の納涼祭や自治会の納涼祭。
音楽フェスもこの時期多く開催します。

何故?なぜ?WHY?・・夏に・・?

答えは簡単です。

人は夏が好きだから・・。

子供たちは一年で一番長い夏休みがあります。
でも実際は休みではなく、本来の自分に戻って夏をすごすのです。

暑い!暑い!と言っても夏休みと同じ。夏はあっという間に終わってしまします。

そして花火大会

夏には多くの花火大会が開催されます。

僕は「花火」が大好きです。
夜空にぱっと咲いて消えていく・・。
一瞬の輝きをはなち、余韻を残して消えていく。

まるで人生(イベント)みたいです。
美しくもはかなくて、心に残る。
祭の華やかさ・美しさ・・そして祭の後の寂しさ。

まるで人生みたい。
花火が大きくて美しいほど・・悲しい。
その輝きをとどめておけない。

僕たちは一年に一度、一生に一度、大きな花火を打ち上げるのです。

僕が夏のイベントの終わりに流す曲があります。

『花火』浅野"ブッチャー"祥之です。

この曲は名盤「空と海と風と・・・2」のラストの曲です。
空と海と風と


僕は今は亡き浅野"ブッチャー"祥之の「花火」と言う曲が本当に好きで好きでたまりません。

まるで花火が人生の縮図の様に大きく花開き・・散っていきます。
この曲を聴くと、心踊り躍動して・・感動して・・祭の後の寂しさも感じます。

sunboy的、棺桶に持って行きたい曲である事は確かです。

僕が本当に大切に思っていた曲をバックに西区で先日あった花火大会の写真をバックに作ってみました。



二度と来ない2010年の猛暑に乾杯です。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はあもにい   2010年07月27日 23:39
5 こころ穏やかに、癒された花火
涙がでました。
素晴らしい花火をありがとうございます。

夏の夜空を彩る、華やかである花火が
はかなさを感じる今の自分がいます。

仕事で毎年、毎年 花火を観ています。
いつも、まじかに観ています。

しかし、こんな想いで花火を観たことは
数十年ありませんでした。

心にしみる花火ですね。

いつも前向きな生き方をしている貴方は
本当に素敵ですね。

いつのまにか、
忙殺されて心を失っている自分です。

あの頃の熱い想いは、どこに行ってしまったのか?

2. Posted by sunboy   2010年07月28日 01:00
はあもにいさん、コメントありがとうございます。
社長は忙しすぎ!!です。

僕みたいに怠惰に毎日を送っていると、見えないものが見えてくる事があります。
だから仕事が無い時も、のほほんとしています。
※本当は不安で眠れないときもあるのですが

夏のイベントは、きついけど楽しい。
人生もきついけど楽しい・・。
そんな事を教えてもらったのが、はあもにいさんです。
あたりまえの事って、少し落ち込まないと分からないものなんですね・・。
僕はいつも、はあもにいさんの背中を追いかけてますよ・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.