ふらり旅・・博多・・阿蘇・・湯布院・・別府6

そして博多を離れる朝になりました。

二日続けて二日酔い。
まあそれも良しとしよう。楽しかった二日間でした。

叔母の車をかりて九州を南下しようと思っていたのですが、何かあるといけないのでレンタカーを借りました。

ネットで調べ、福岡空港で2泊3日で¥13.600−
マツダの「デミオ」を予約しました。

マツダはレンタカーが安いので仕事でもよく利用します。
9時に福岡空港へ。

福岡空港レンタカーに行くと、何と車はマツダ・アテンザ3ナンバー。
中型のハイクラスレンタカー。
配車の都合でクラスアップ。
これは幸先がい良い。

レンタカー


これから友人が待つ「別府湾ロイヤルホテル」へGO!!
今回の旅の目的のひとつが「別府湾ロイヤルホテル」へ行く事でした。

僕が勝手に友人と呼ばせて頂いていますが、昔から大変お世話になった人でした。

「別府湾ロイヤルホテル」の事はのちほどアップします。

快適なアテンザにETCカードを入れ、さあどこへ向かおうか・・。
まずは阿蘇に向かい、それから山なみハイウェイを東に抜けて「湯布院」〜「別府」が本日の予定コースでした。走行距離が300Km。

ここで問題が発生・・。二日酔いでした。
二日酔いで300kmはきびしいではないか・・。一抹の不安がよぎる。

水は低いほうに流れます。

阿蘇は明日にして湯布院に向かい、早めに「別府湾ロイヤルホテル」に入りサウナ&LOVE BEERコースにしよう・・。

心はすぐ傾きました。

高速道路に入り一路「湯布院」へ。

福岡から120km程度・・。
昼前には「湯布院」到着。

「湯布院」はこんなに軽井沢化する前から叔母とよく来ました。
平日と言うのに相変わらずの観光客。
そして半分以上が「中国系」「韓国系」団体ツアーでした。

僕が湯布院による理由は唯一つ。
茶房「天井桟敷」で美味しいコーヒーを飲む事です。

天井桟敷は亀の井別荘と言う有名な旅館の敷地内にあります。
多くの小説家や知識人が愛したと言われる旅館です。
これも数十年前から叔母に教えてもらい、湯布院に来るたび「天井桟敷」には必ずコーヒーを飲みに来ました。

天井桟敷


平日の午後、窓際の最高の席が空いていました。
ここには団体観光客も来ない。

天井桟敷2

いつもの様にコーヒーブレイク。
窓からは目にも鮮やかな園内の緑が見えます。
天井桟敷3


僕はここで1時間は過ごせます。
BGMはクラッシクの教会音楽?が流れてます。

時間が止まると言う事はまさにこんなひと時。

そしてすぐ近くの金鱗湖へ散策。
金鱗湖


この亀の井別荘から金鱗湖へ向かう風景は昔から変わらない。
よく金鱗湖の露天風呂に入ったものだ。

金鱗湖2

時計を見ると午後2時過ぎ。
ここから別府温泉まで1時間もかからない。

早めに温泉に行きサウナに入る事にした。

湯布院はいまや観光化されて昔の風情は少ないが、九州に来たら必ず寄りたい場所である事に間違いはない。

アテンザのハンドルを握り一路「別府温泉」へ・・。

急カーブが続く山道を走っていくと、視界が開けロープウェイが見えた。

アテンザを止め、韓国団体ツアーに混じって乗ってみる事にしました。
曇って頂上は見えませんでした。
往復大人1400円。
高い・・と思いましたが乗ってみて正解でした。

別府ロープーウェイ

10分ほどで標高1375mの鶴見岳に到着。
わずか数10km先には別府湾。その標高差がすごい。

別府ロープーウェイ2

眼下には雲海が・・。

展望台からは別府の街が見えました。
晴れた日には遠く四国まで見えるらしいです。
別府ロープーウェイ3


あてのないふらりは旅はいいですな〜。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.