ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ #8 ハ短調, Op. 13 「悲愴」&Somewhere Out There

この暇な時に3日間イベントが続きました。
嬉しいとともに少しの疲労。
ブログと呼ばれるこの日記をアップするのも疲れてきます。
日記なので自分の事を綴ればいいのに、ブログだと公開している人の目を気にして書かなければいけない。
そんなことが少しナーバスになる時がたまにあります。
これはバイオリズムと同じで、自分の周波数がゼロより下になっているとき・・。
いつもなら「今日のみつお」でしたが、みつおカレンダーがヘビーローテーションのために破損。

ならばピピ島回想記になるのです。が、そんな写真を見つけてアップするのも気が乗らないときは・・「棚からひとつまみ」になります。

少し心が疲れているときに優しい音楽があります。

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ #8 ハ短調, Op. 13 「悲愴」です。
これは名曲です。
しばしお聞き下さい。




僕はこのメロディが名曲「Somewhere Out There」に聞こえてしまうのですが・・。
皆さんはどう思いますか?





Somewhere out there beneath the pale moonlight
Someone's thinking of me and loving me tonight


今夜、きっとどこか遠い月の下で僕の事を思っている人が必ずいます・・そんな訳でしょうか。この名曲は多くのアーティストがカバーしています。

こんな素敵なメロディがベートーヴェン: ピアノ・ソナタ #8 ハ短調, Op. 13 「悲愴」に聞こえてきてしまいます。

どちらも心に染みる僕の数少ない大切な1曲です。





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.