Pattaya returns・・・(3)

パタヤに来て三日目になると、だいぶこちらのペースに染まってきてます。
少しずつ早起きができなくなってきていますが、8時にはしっかり朝食を食べて10時にはプールサイドに行きます。
もちろん朝の8時には僕のベッドにマーキングをします。

今日もパタヤは快晴だ。

プールサイドの空


これがsunboys bedです。

sunboys bed


朝なのに日差しが強いです。

お昼前にバイクをレンタルする。
1日150バーツ。約400円位。
バイクがあると行動範囲が広がります。
昼はいつものレストランで、今日はポークのガーリックソースライスをオーダーする。

ポークガーリック


しかし、このレストランは本当に安くて美味い。

午後からsunboy号にまたがり、ビーチロードへ向かう。

sunboy号


バイクは快適だが、細心の注意をして走らないと大変なことになる。
タイは車もバイクも本当に多い。運転も荒い。
怖いのは事故だ。あと、バイクの盗難も頻繁に起こるらしい。
僕は怖いから暗くなってからはバイクに乗らないようにしている。

さてビーチロードをバイクで走ると潮風が気持ちいい。
パタヤの繁華街は、海辺の一方通行のビーチロード。ぐるっと回って帰りも一方通行のセカンドロード。ここにホテルやショップ、デパートがたくさん隣接する。

ここをぐるぐる回るだけで1日は楽しめる。
走ってはバイクを止めて店をのぞく。また走ってはバイクを止めてデパートに行く。
土産物屋をのぞくのも楽しいし、衣料品も大変安い。

ここでTシャツを10枚位購入。
何とオバマさんのTシャツも発見。これも買いました。

ただでさえ日本より安いのだが、ここからの値切りの交渉に入る。
コツは、値段を最初の聞いて大げさに驚く。
そして品物を置いて帰ろうとすると
「いくらならいいんだ?」と電卓を出してくる。
迷わず半額もしくはそれ以下の金額を提示する。
そこから50バーツ単位の上下の交渉が始まる。
最初から複数買うつもりなら、2枚買うからこの値段にしろ」と交渉する。
大した金額の差はないのだが、このやり取りが非常に楽しい。

ビーチロードにはたくさんの屋台も並ぶ。
新鮮なオレンジをその場で絞ってペットボトルに入れて、氷で冷やしたオレンジジュースが非常においしい。
1本20バーツ(約45円)

オレンジジュース屋台


オレンジジュース


ショッピングを楽しんで3時頃ホテルに戻り、ビール片手にプールサイドへ。
今日はもうバイクには乗らないから、プールサイドでくつろぐ。

beer chang



夜7時頃モトバイタクシーでサウナへ。

今日もサウナでの話をしていいですか?
サウナに興味のない人すみません。
ここのサウナは、男女混浴で下着をつけて入るサウナで、水風呂もちゃんとある。
パタヤの中でもきれいなサウナらしい。

店に入るとボーイがタオルやら水・果物を持ってきてサービスしてくれる。
自分のテーブルを与えられ、そこでサウナに入っては果物を食べたりミネラルウォーターを飲んだりする。果物・水は無料。
ビールは200円位。

今日のサウナはすごかった。
パタヤは観光の街で世界の国々からこの狭いエリアに集まってくる。
となると、サウナの中でも多国籍だ。
欧米人、アジアでは韓国人が多い。日本人とは会ったことはない。
サウナの中に、いろんな国の人が入っているわけだ。
これはお国柄を見るようで大変面白い。
異国人と裸の付き合いができるのだ。
えてして騒がしいのが欧米人。体もでかいし、たいてい現地の女の子を連れてきている。韓国人は静かだが、我が道を行くという感じだ。

僕もサウナの中では、異国の人に自分から話しかけることはしない。
しゃべりかけてきたら、少し話すというマイペース型だ。

今日のサウナには中東のアラブ系の団体が入ってきた。
顔はタイガージェットシンのような感じでインド系かと思ったが、話す言葉がアラブ系だ。
この団体の傍若無人ぶりがすごかった。
サウナはサンダルで入るのがNGでドアにも英語で書いてある。
しかし彼らは平気でサンダルのまま入ってくる。
ボーイから注意されると、ドアを開けてサンダルを放り投げる。
またサウナのドアを開けたまま外の人と話をしている。
おいおい、サウナの温度が下がってしまうよ。
普通サウナは5分ぐらいは入っているのだが、彼らは3分もしないうちに出たり入ったり。
それより驚いたのが、ちゃんと自分たちの席があるのに、他の人の席に座り、そこの果物や水を飲んでいる。
それを見ていた、タイのお姉さんがさすがに怒ってボーイにクレームを言っていた。
ボーイも何回も注意するのだが、その場ではやめてもまた同じことを繰り返す。

そしてまたサンダルを履いたままサウナに入って来たときは、さすがに温厚なsunboyもタイガージェットシンに「Take off your shoes!」と注意した。
タイガーはむっとした顔をしたが、サンダルを投げ捨てた。

いやパタヤのサウナは多国籍で人間観察が面白い。

サウナを出て、歩いてビーチロードに。夜のビーチを少し散歩してウォーキングストリートへ。
今日は何を食べようか・・?
Seafood&steakの看板がある。
魚と肉を同時に楽しめるのいいと思い、その店に決定。
隣は昨日行ったSeafood restaurantが見える。

シーフードレストラン


今日もシーフードサラダにタイと言えばトムヤンクン。
メインはシャコのグリルとステーキ。

シャコ&ステーキ


シャコはいけたがステーキはいまひとつ。
やっぱり&はいけないのだ。
どちらかひとつで勝負している店のほうが美味い。

週末なのですごい人出だ。
これから眠らないパタヤの夜は更けていく・・。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.