サウナとスパの違いについて・・考える

翌朝目覚めたら、かなり広大なホテルエリアに驚いた。

敷地にカートや乗馬・・そしてミクロネシア連邦最大の?スパ施設があるホテルなのだ。

カーテンを開けると、眼下に広がるフィリピン海・・。
リーフまで淡い青で、その先が紺碧のブルーになっているのも肉眼でわかる。

そう今はすべてを忘れ、フリーフライトで南の地に来ているのだ。

マンディスパ480



ここで考えてみる。

スパと健康ランドの違い・・。

まずはロケーションである。

あの大江戸温泉でも・・多分敷地面積では、各段に広いが・・このスパ施設は、ロケーションがかなり贅沢である。

そして、その違いの大きな要素として挙げられるのが・・常夏であこと。

雨季・乾季はあるが、一年の平均気温が・・30度前後・・。
これは、夏男sunboyにとってたまらない魅力です。

サイパン・スパ(240)1サイパン・スパ(240)2


今回の目的・・スパの「のれん」・・いや敷居をくぐると・・緑鮮やかなオブジェの数々。

カウンターで「大人一枚!」・・
ここで何かが違うぞ・・。

そう・・スパと健康ランドの最大の違いは・・水着着用だぁ!!

なんともはや・・、このスパは・・男女混浴・・。しかも水着着用なのだ・・。

風呂に水着を着て入る経験が未だかつて無い・・。

早速部屋に戻り・・水着を持ってくる。

これには参った・・。
風呂はオールフリー。すなわちスッポンポンの最大の喜びが感じられない・・。
ロッカーも更衣室となる。
水着に着替えて・・スパへ・・。

そこには異種格闘技・・の様な・・、様々なスパ施設がありました。

サイパン・スパ(360)1


マンディスパ360-1


いや・・これは・・たまりません。

ジャグジーに花が浮かび・・、まるでプールの様な風呂。

ここでこのスパの客層を分析しますと・・
日本人の女性二人での観光客・・及び新婚カップル。
隣の大国のカップルおよび、アジアのサッカー強豪の国のカップル・・。
となるわけです。

そして、このスパの最大の売り物が・・エステなのです。
僕の様に、ただ浴槽につかる客は・・ほとんど無く・・、女性客は・・エステ・・命です。
オイルマッサージやフェイシャルケア・・。
フライファンが回る下で・・女性たちはエステ三昧なのですよ・・奥さん!!

どうみても首にタオルをかけたsunboy・・。部外者です・・。

エステには縁がないsunboy・・、開き直ってスパ施設を散策・・。

マンディスパ240-1マンディスパ240-2

マンディスパ240-3マンディスパ240-4


これは・・世の女性がこのスパに来る理由が分かる。

敷地から下る階段を降りておくと・・
おお!!なんと眼下に広がるフィリピン海・・!

マンディスパ480-2


マンディスパ480-1


回りはカップル・・女性客ばかりだが・・負けじと温泉につかる・・。

湯船と・・水平線が重なる・・。
しかし高低差数十メートルはあるのだ・・。

こんな風景は・・見たことがなかった・・。

足は浴槽・・向こうは・・海・・。

サイパン・スパ(480)足


そうそう・・サウナについては・・次回に・・


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ファンより   2007年08月29日 02:22
まずは、おかえりなさいませ。
幾年か前に行きましたが
海にもぐっていると、自分が恥ずかしくなりました。心にハートをもっているSUNBOYさん
素敵です。やはり海が似合いますね。
脚に色気が漂います!
いい男の条件ですね。ファンより
2. Posted by sunboy   2007年08月29日 21:47
コメントありがとうござます。

僕も同じように海に身をゆだねていると、もう一人の自分に出会いました。

南の島リバウンドで・・少し戸惑っています。
体は日常ですが、心はもう少し南の風を感じていたいと思います。
脚に色気・・ありますか?(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.