朝起きたら・・楽園でした・・・

帰ってきました・・。

サイパンは初めてでしたが・・

・・・の続きは、ゆっくり書きます。

中部国際空港からのサイパン直行便は、夜発の朝帰り便しかなく、結局は行きと帰りに2日割かれてしまいます。
これはまことに持って・・不平不満でした。
しかしサイパン・グアムは、シーズンの沖縄・北海道より安く・・、それが決め手となりました。

夜便でサイパン着が現地時間で午前1:00。
しかし、サイパンのイミグレーションはローカルで楽しい。
深夜にも関わらず、「ウェルカム・サイパン」と言われました・・。
ぶっちょう面で、冷たい感じがするイミグレーションの印象が変わりました。

ホテルの送迎タクシーが・・。
なんか空港と言うより、ローカルな駅みたいな印象・・。
しかも真夜中なので、周りの風景もわからず・・。
30分後、ホテルに到着・・。

深夜到着はわかっていたので、事前(日本)でサウナはすませ、機内でビールをしこたま飲んでの・・ホテル。
そうそう、飛行機はノースウエスト航空ですが、機内ビールは5ドルか5百円徴収・・。もちろん円で支払う。

ホテルに到着・・。そこからカートで移動。
今回宿泊したMARIANA RESORT&SPAは、広大な面積で何といってもサウナ完備。
ミクロネシア最大のスパ施設があるのだ。

部屋が広い・・。2DK位ある。
風呂が広い・・。
シャワールームも別。トイレも別。
しかし途中コンビニも寄らなかったので・・ホテルのビールを飲み・・就寝。

疲れた〜!!

翌日は10時まで眠る。
朝起きて、部屋のカーテンを開けると・・・一気に目が覚めた・・。

サイパン2007(480)


浜松の朝とは違う風景・・。


今回何故このホテルを選んだかと言うと、まずサウナ。
そして各部屋にPC・LANがあるからだ。

仕事を離れて南国に来たのに・・仕事を忘れられない現実があることが悲しい。
なので前回のエントリーは、ノートPCからの現地エントリーでした。
携帯も繋がり・・いつでも連絡が取れる状態。

関係者各位には、遅めの夏休みを報告していましたが、やはり携帯が鳴ります。

便利な世の中になりましたが・・、少し寂し気がします。

でも、朝目覚めた時の風景で・・、一気に南国モード。
今回もツアーではないので、フロントのお姉さんに現地の人が美味しい言うレストランを聞く。

※今回のサイパン事前リサーチで、サイパンに詳しいダイバー・蔵之助さんと、Sシステム社長・S山さんに・・かなり詳しい現地情報を聞いていました。

でもまずは、現地の情報・・。
レンタカーを借りようと思いましたが、フロントのお姉さんに
「ガラパン(サイパン1の繁華街)に行くには、デューティーフリーとタクシーに言えば無料・・。帰りは1時間に1本のバスでホテルに帰れば・・お金はかからない・・」と教えてくれました。

そうです。ここは日本ではないのです。
ランチ食べてビール・・。サウナ入ってビール。そしてツアーではないので、飲酒運転は禁物・・。
LOVE BEERのために・・タクシーでガラパンへ・・。

地元のお姉さんたちが行く・・地元のレストランへ・・ランチ。

着いたお店が・・こんな感じでした・・。
これは昼間のお店の中です。

サイパン2007(360)


地元ランチメニューとバドワイザー・・。
これは・・美味かった・・。

ほろ酔い気分でDFSと言われる免税店やお土産店を見て回る。
バス乗り場に行くと・・多くの観光客が列を作っている。
バスは各ホテルを回って行く循環バスだ・・。

今回のホテルはサイパン最北端のホテル。
ガラパンから一番遠いホテル・・。
どうしようかと迷っていると、行きに無料で乗せてきてくれた運転手が待っている。

「帰りもタクシーで・・」と言ってくる。
金額を聞くと30ドルと言う。
これを蔵之助方式にディスカウントして20ドルで交渉成立。

まあホテル-ガラパン往復で20ドルなら妥当と考えタクシーに乗る。
運転手はウダさんと言って、インドから出稼ぎに来ている。
なので日本語はほとんどしゃべれない・・。運転中、いろんな身の上話を話している。半分ぐらいしかわからないが、どうやら国には家族がいて、仕送りをしているらしい。
サイパン来て6年だという。
明日は、僕がサイパンを案内する・・と言う。しかもかなり安い金額で・・。
でも、明日はマニャガハ島に行くからだめだと断る。

ウダさんは、次回タクシーに乗る時はフロントに「ウダ」と言ってくれと・・名刺までくれた・・。

今回の旅は・・のんびり・・これが目的だ。

早速ミクロネシア最大と言われるスパに向かう。

サイパン・スパ(360)


このスパが、人生初めての経験をすることになりました・・。

そんなあれこれは・・次回のエントリーで・・。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.