July・・・・7月・・・・大滝詠一


6月はJune・・ジューンブライド・・・、梅雨・・紫陽花など季節の言葉が多く浮かびます。

では7月は・・・ジュライ・・でいいのかな。

夏と呼ぶにはまだ早い・・。夏休みはまだ来ない。紫陽花は色あせて・・・、みんな梅雨明けを願っている。そんな、季節の落とし穴の様な7月。

しかし7月は、sunboyが大好きな月なのですね・・・。
まず、ラッキーなセブン。
梅雨空に顔を出す太陽・・・。
湿度か高く寝苦しい夜・・・・。これも7月ならではですね。
そして、イベントの企画をするのが、この7月が何故か多いのです。8月のイベントはもちろん、すでに秋を見据えて、この時期に企画書を書き書きするのです。

が・・!昼間はムシムシ・・じめじめ・・・、基本的にエアコンはあまり好きではないsunboyとしては、涼しげな夜にイベントネタを考えるのです。

何故か、そんな時に棚からひとつまみするのが、大好きな大滝詠一です。

『A LONG VACATION』大滝詠一

大滝栄一.jpg

伝説のロックバンドはっぴいえんどに在籍していた大滝詠一。このアルバムは1981年に発売されました。
もちろんsunboyも持っていますが、その音楽もさることながら、永井博によるLPジャケットは、そのまま部屋に飾っておきたくなるような逸品でした。

発売から20年以上経た今でもその輝きを失わず、むしろ、新鮮に感じるのは何故でしょうか・・・。
まさに和製ポップスの名盤と呼ぶに相応しい1枚です。この時期、いつもイベントBGMに使っています。

当時、働き蜂の日本人に「ロングバケーション」と言う言葉の響きはとても刺激的でした。
そして今でも、その憧れは失っていません・・・。

ここで一句

梅雨空に
響く詠一
夏恋し sunboy


そんな訳で、来週は「A SHORT VACATION・・・in ソウル」の旅の心は・・・週明けに・・・


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.