棚からひとつまみ

僕の大好きなミュージシャンに山下達郎がいる。
彼の番組が毎週日曜日 JFN (TOKYO-FM系 全国38局ネット)毎週日曜日 14:00〜14:55

日曜日放送なので、まず聞けないが、その中のコーナーで「棚からひとつまみ」がある。
ようするに、毎週の特集に漏れた日、達郎さんが、家の棚からお気に入りのレコードを持ってきて放送するという内容です。僕は、これが大好きでした。ほとんどがコアなオールディーズやノンジャンルの個人的趣味の音楽でした。しかしながら、この棚の音楽が達郎の音楽の中の一部だと思えるのです・・。

そんな訳でsunboyも毎日エントリーできないので、話題に困った時の「棚からひとつまみ」のカテゴリーを作ってみました。

今日は火曜日・・・。火曜日と言えば「火曜サスペンス」と言えば、高橋真梨子ですね。
本日のsunboy棚からひとつまみは「高橋真梨子/THE BEST」を聞いています。

なぜ、高橋真梨子・・・。それは・・酔っているからです。彼女の歌は、演歌でもない歌謡曲でもない・・。中途半端な感じで・・・、しかも心に沁みます。まるで、黒霧島ロックの様に・・・。

先週のイベント(市民ダンス6/5)の時、アクトプラザの3階「ジョージス」で買ったグラスに黒霧島をロックで飲んでいるのです。なんだか訳が分からない文章になってきたぞ・・・。
このグラスがお気に入りなのです。プライスも680円とお安い。しかし、形と言い色合いといい・・本当にいいのです。

黒霧島.JPG

しかし、失敗した!この婉曲のグラス、思った以上に容量が多いのだ。多分缶ビール1本は入ってしまうと思われると思った時はすでに遅し・・・。棚から、高橋真梨子を引き出して、不覚にも、もう一杯の世界になってしまったのでした。

黒霧島 (1).JPG

なぜ、高橋真梨子か分からないが、多分、最初は中島みゆきを聞こうと思って棚を探しているうちに、このCDが目に入ったのだ。う、いかん、このエントリーをしているバックでは「五番街のマリーへ」が流れたではないか・・。これは、まさしくもう一杯飲めと左脳が指示している・・・。多分、誘惑に負けてもう一杯、容量が分からない素敵なグラスに、少しだけ氷を多めに・・「高橋真梨子」と今夜は過ごしてみよう・・。
そんなバックで「ごめんね」が流れてきました・・。切ない・・・。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2004-2007 Free Flight Inc., All rights reserved.